2018.01.17 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.12.18 Thursday

    一眼レフカメラ上達講座 プロが明かした“人の心を動かす写真の撮り方”とは? 

    0


      詳細はコチラ






      ただきれいに撮るのではなく、

      あなた「らしさ」を表現する写真を
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      撮ってみたいと思いませんか?


      例えば、

      ・感情がブワッっと蘇る写真

      ・見た人の想像をかき立てる写真


      こういった“人の心を動かす写真”が撮りたいと思ったら、
      ぜひ、このままを読み進めてください。

      たったの3分で読み終わります。

      きっとあなたのお役に立つはずですよ。


      実は“人の心を動かす写真”の撮り方は、

      一流の写真家しか知らず、これまで表に
      出ることはありませんでした。

      そして、そういった技術を学ぼうと思えば、
      十数万円のセミナー代が必要だったのです。


      本来であれば、高額セミナーでしか語られない内容を
      あなたのご自宅で学べる。

      そんな写真講座があるなら、試してみたいと思いませんか?


      詳細はコチラ




      ■┓“人の心を動かす写真の撮り方”の撮り方とは?
      ┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       

      ・想像をかき立たてる写真

      ・感情がブワッっと蘇る写真


      実は、これらの写真を撮るには一定の手順があります。

      その撮り方さえ知れば、たとえ子供でも、
      80歳のお年寄りでも、撮ることができるのです。


      例えば、
      “マクドナルド”と“モスバーガー”を想像してみてください。

      どちらも、ハンバーガーを売っている会社ですよね。


      しかし2社のメニュー表を見たときに
      連想されるイメージは異なると思います。


      マクドナルトのハンバーガーは、

      ・肉汁たっぷりでボリューム感がある

      ・がっつり食べ応えのある印象


      モスバーガーのハンバーガーは、

      ・野菜が新鮮なイメージ

      ・フレッシュで健康的な印象


      といったイメージが連想されるのではないでしょうか?


      これは会社のコンセプトが異なり、

      メニューや広告を見た人に、ハンバーガーの
      イメージが伝わる写真を使っているからなのです。


      この講座では、大手企業の広告写真を手がける
      プロの写真家が、


      人の心を動かす写真を撮るための

      “撮り方の手順”や“守るべき法則”

      を大公開しています。


      その手順を公開したある写真家とは・・・


      詳細はコチラ



      想像してみてください。

      あなたは、この講座で撮影テクニックをマスターすれば、

      感動的な写真を撮ることができるでしょう。


      あなたの写真を見た人は、

      「すごいプロが撮ったみたい!」

      と驚くのは当たり前。


      ご友人に写真をプレゼントすれば、心の底から喜んでもらえる。

      充実したカメラライフを満喫することができます。


      ただきれいな写真は、構図の勉強をすれば撮れます。


      しかし、その先にあるテクニックは、

      ごく一部のプロの間でしか知られていませんでした。

      そのテクニックが今、大公開されたのです。


      詳細はコチラ



      <関連サイト>

      字が上手くなりたい方必見!ペン字上達「伝統山下流」 山下静雨 口コミ 評判 

      21日間ペン字上達プログラム(LIP)|自宅でペン字を上達させる決定版! うまくなる方法 若林良治 口コミ 評判 


      2014.12.18 Thursday

      幼稚な絵から今すぐ卒業!大人のステキな水彩画を描ける方法とは?

      0
        詳細はコチラ







        「水彩画の柔らかい質感の表現が好き。」


        この一文に、うんうん。その通り!と
        うなずいて下さっているあなたに。


        今日はとっておきの情報があります。


        じつは、現役の画家が教える本格的な水彩画講座を、
        ついに自宅で受講できるようになりました!


        家での〜んびりしながら、パジャマでもOK。

        好きな時間に、好きなだけ水彩画のコツを学べる講義です。


        今すぐ詳しい内容を知りたいならこちら
        詳細はコチラ

        水彩画と言えば・・・

        「学生のころ、夏休みが終わる直前にギリギリで描いた」

        「カレンダーや絵手紙の図柄になっている、あの繊細な質感」

        そんな印象があるのではないでしょうか?


        それと同時に、

        << うまく描くにはセンスがないとダメでしょ? >>

        という印象もあると思います。


        やはり、芸術はセンス、選ばれた人しか表現する力はない・・・。
        もしくは人一倍の苦労をするか・・・。


        ところが、

        その常識をくつがえす教材がありました。


        自宅で楽しく、カンタンに「水彩画の上達」を叶える方法です。


        講師は、現役の画家であり、絵画教室の講師としても長年活躍している、

        “上西竜二”先生です。


        上西先生の水彩画講座はとてもユニークです。


        まず、「センスなんて関係ない」と言っています。

        えー!?と思いますよね。



        じつは上手な絵というのは、センスではなく、
        「ある部分」を意識して描くことだそうです。


        さらに、下書きやデッサンで嫌になってしまうなら、
        逆から始めてみましょう!とおっしゃっています。


        水彩画は普通、下絵から描き始めますが、それこそが
        難しく感じてしまう原因なのです。

        上西先生の上達法を聞いていると、目からウロコです。


        知らなかったことばかりで、話を聞いているだけで、
        何だか絵がすごく上達した気分になれるくらいです。


        美術の知識が無くても、本格的な水彩画の講義を
        ご自宅で受けることができます。


        あなたがやることはとっても簡単。


        DVDとテキストが届くので、DVDをデッキに入れて
        観るだけです。


        上西先生が絵を描く手元を、はじめから終わりまですべて丸ごと
        観ることができるので、


        見て、真似してみるだけで、あなたの絵も、
        ググッと印象が変わるでしょう。


        こちらから水彩画の講義の一部を試聴できます。
        詳細はコチラ


        講師の上西先生は、細密な描写で評価の高い、
        本格的な画家です。


        毎年開かれる個展では、絵が完売するほど人気。


        さらに子どもから中高年層の方まで、幅広く指導している絵画教室は、

        「楽しくて、わかりやすい」と大好評です。


        いわば、描くのも教えるのもスペシャリストと言えるでしょう。


        画家や絵描きは、自分自身の感覚で絵を描いている
        いわゆる「芸術家」タイプも多く、

        体系的にていねいに、さらに誰でもわかるように
        解説ができるという方は限られています。


        同じ学ぶなら、指導法を熟知している先生の
        わかりやすい講義の方が上達も早いでしょう。


        なにより、上西先生の解説には、省略された部分は一切ありません。


        そのため、「色塗り」の解説だけでも3時間を超える
        徹底した、ていねいな解説をされています。

        これまでは「えー!さっきのところ、どうやって完成させたの?」
        と思っていた部分もバッチリ分かります。


        ですから、見てそのまま真似できる、聞いて納得の内容です。

        詳細はコチラ


        想像してみてください。


        あの、憧れの柔らかい質感の水彩画を、
        あなたの手で描くことができたなら。


        玄関に飾ったり、寝室に飾ったり、家族や友人にも
        堂々と披露できますよね。


        ですが、上手くなる前は誰にも見られたくない、
        と思うのも事実です。


        これを機会にぜひ、あなたもコッソリ水彩画を上達してみませんか?


        失敗しても安心の、今なら色塗り用の下絵を追加でプレゼント中です。

        数十年ぶりに絵筆を持つ、というところからでも大丈夫です。

        詳細はコチラ


        このプレゼントは、

        12月23日(火)19時まで、

        となっております。

        「もっと!もっと!ステキな水彩画を描けるようになりたい!」なら、

        このチャンスをお見逃しなく♪



        詳細はコチラ


        <関連サイト>


        デジカメ写真 上達のコツ カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座 佐藤孝太郎 口コミ 評判 

        初心者の一眼レフ上達講座 3ステップで上手くなる! 高崎勉 口コミ 評判 

        字が上手くなりたい方必見!ペン字上達「伝統山下流」 山下静雨 口コミ 評判 


        2014.12.14 Sunday

        花をきれいに写真で撮影する方法

        0

          詳細はコチラ





          せっかく写真を撮るなら、

          「いいね!」と褒められるような写真が撮りたい!

          そう思ったことはありませんか?


          いくら写真を撮って誰かに見せても、
          そのクオリティがいまいちだと、

          「う、うん。キレイだね」

          と、微妙な反応・・・

          なんてことになってしまいます。


          そこで、本日は、

          とってもカンタン!だけど、
          写真のクオリティはグーンとアップする。

          撮り方の秘訣ご紹介します。


          実例を交えて丁寧に解説していきますので、
          どうぞ最後まで読んでみてくださいね。


          さっそくですが、写真のクオリティを
          グーンとアップする方法。それは、


          主役と同じ目線で、写真を撮ることです。
          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          詳しく解説していきますね。


          あなたは写真を撮るとき、自分の目線のまま
          撮っていませんか?


          例えば、花壇に咲いている花を撮ろうと思ったとき、

          自分の目線から見下ろすように撮ってしまうと、
          なんだかぱっとしない写真になってしまいます。


          普段よく見る光景をそのまま写真にしても、

          なかなか、おお!スゴイとはなりにくいんですね。


          ですからそんなときは、一回花の高さまで
          しゃがんでみるといいでしょう。


          カメラを構える位置を主役と同じ高さにすると
          大迫力の写真が撮れます。


          これは花以外の写真を撮るときも同じです。


          ・子供を撮るときは、子供と同じ目線。

          ・ペットを撮るときは、ペットと同じ目線。


          となるように意識してみるといつもとは一味違う
          写真が撮れるでしょう。


          さて、いかがでしたか?

          ポイントは“主役と同じ目線”です。


          次に写真を撮るときは、ぜひ、本日ご紹介したコツを
          使って写真を撮ってみてくださいね。


          もしあなたが、

          「本当はもっと写真が上手くなりたいけれど、
           カメラは難しそうでなかなか始められない」

          そんなお悩みをお持ちでしたら、


          ぜひ一度、こちらをご覧になってみてください。

          詳細はコチラ


          「カメラを購入して数週間の初心者でも“感動の一枚”が撮れた!
           そのヒミツをご覧いただけます。」


          さらに今なら期間限定のプレゼントキャンペーン中。


          【2014/12/16(火)19時までのご注文に限り】

          「暗い場所でも、ブレずにバッチリ撮れる!
           イルミネーションの撮り方」を無料プレゼントしています!


          今しかもらえないプレゼントなので、
          ぜひ一度覗いてみてください。

          詳細はコチラ


          あなたもこの講座で、写真のコツを楽しく学べば、

          ・ブレブレだった暗い場所での写真もバッチリ

          ・お子さん、お孫さんの成長を、想い出の一枚に記録できる

          ・撮った写真をご家族や友人にプレゼントすれば、
           心の底から喜んでもらえる。


          などなど。

          楽しいカメラライフを満喫することができます。

          締め切りが迫っていまるので、
          お早めに内容をご確認ください。

          詳細はコチラ



          <関連サイト>


          デジカメ写真 上達のコツ カメラ開発者のデジタル一眼レフ上達講座 佐藤孝太郎 口コミ 評判 

          初心者の一眼レフ上達講座 3ステップで上手くなる! 高崎勉 口コミ 評判 

          『自分の絵・取り戻し』プログラム 口コミ

          2014.12.13 Saturday

          初心者におすすめの水彩画用「絵の具」の選び方とは?

          0

            詳細はコチラ






            水彩画を描きたい!と思ったら、まず買いに行くのは
            「絵の具」ですよね。

            そして実際にお店に買いに行くと、
            セット売りのものだけでも、

            12色、24色、36色、100色・・・と色々なセットがあるので、
            迷ってしまうと思います。


            そんなとき、どのように選べばいいの〜?
            と悩んでしまわないために、

            今日は絵の具の選び方について、
            ご紹介したいと思います。


            もしあなたが絵の具を選ぶとき、
            こう思っていたら、注意してください。


            「初めてだし、とりあえず一番少ない12色からでいいかな」


            確かに、たくさん色があっても、初心者の私には、
            上手く扱えないかもしれない。


            そう思うお気持ちはよくわかります。
            私も昔はそう思っていました。


            ですが、あるプロの方の意見は違いました。


            「初心者こそ、多い色から始める方がいい」
            ということでした。

            でも、一体なぜでしょうか?


            あなたも水彩画を学校で描いた経験がきっとあると思います。

            そしてその時、

            「見たままの同じ色を作るのが難しい」

            そう感じた経験はありませんか?


            じつは、水彩画の初心者が「難しい」とよく感じることの一つが、
            「色づくり」にあるそうです。


            セルリアンブルーとエメラルドグリーンを混ぜて、
            海の深い青い色を作る、

            という混色の法則のようなことを、
            なかなか自分で思いつけないですよね。

            適当に色を混ぜて塗ってみて、仕上がってみると
            イメージと違う。

            そうなることの方が多いです。


            ですが、もしたくさんの色が手元にあったら、
            わざわざ色の配合を考えなくても、

            色を選ぶだけになります。


            だから、初心者こそ多い色から始めたほうがいいんですね。

            とくにおススメなのは「30色程度」だそうです。

            ただ、セットの種類だけでなく、絵の具のメーカーも
            たくさんあって選べない。
            どこのメーカーを選べばいいの?

            その答えはこちら
            詳細はコチラ

            じつは、この事を教えてくださったのは、

            現役の画家であり、絵画教室の講師としても大人気の、
            【上西竜二】先生です。


            上西先生いわく、

            この他にも、絵を描きたい!絵が好き!そんな方が、
            知らないだけで損をしていることがたくさんあるそう。

            絵心が無い、と思われている人でも、
            「絵を描く正しいコツ」さえ知っていれば、

            カレンダーや絵てがみに描かれたプロの絵のように、
            雰囲気のある水彩画を描くことはできるそうです。

            そこで、誰もが気軽に「正しいコツ」を知って絵を描けるように、
            上西先生はとっておきのノウハウを公開されています。

            じつは、現役画家が描き方をはじめから終わりまで、
            丸ごと公開している内容は他にはなかなかありません。

            あなたも、これさえ知っていれば、ワンランク上の
            ステキな水彩画を描けるようになるでしょう。
            詳細はコチラ

            <さらに今なら!!>

            この上西先生のノウハウに、今だけ限定で、

            絵を描く前のプロの下準備『水張り』の方法を解説した、
            DVDを追加でプレゼントされます。

            あなたが描いた水彩画を部屋に飾りたいと思ったとき、
            この方法を知っていれば、

            絵を描いた紙がボコボコにならないので、
            プロの絵のようにまっすぐ美しく飾れます。

            あなたの自慢の絵を見た家族やご友人も、

            「スゴイ!画家みたい!」
            ときっと褒めてくださることでしょう。


            ただし、このプレゼントは
            【12月16日(火)19時まで】

            ぜひ、お早目に詳しい内容をご確認ください。
            ↓↓↓↓↓↓
            詳細はコチラ


            <関連サイト>


            エアブラシペイント上達法 エアーブラシテクニックDVD 岩崎雅一 口コミ

            「漫画の描き方」41日間プログラム ★初心者のためのマンガ講座★ 佐々木慧 口コミ 

            似顔絵を上手に描く方法とコツ 上達法 似顔絵師しんのすけが教える7ステップ楽しい似顔絵講座 口コミ 評判

            JUGEMテーマ:水彩画。鉛筆画。


            2014.10.08 Wednesday

            『自分の絵・取り戻し』プログラム 口コミ

            0


              詳細はコチラ







              『自分の絵』が描けていない事実


              あなたは、自分の絵を覆っている『ドグマ』に気づいていましたか?
              あなたが今まで描いてきた絵は絵画界の洗脳によって

              描かされてきたものに過ぎません。

              本来の、あなた自身の絵ではないのです。

              「こんな私の絵なんて、だれが見てくれるのだろうか。
               人と比べてヘタな自分の絵を見ると心が折れそう。。。」

              「周りの目ばかり気にしているうちに、
               自分が描きたいものを見失ってしまった。
               この先どうすればいいかわからない。」

              この手紙を読むと、そんな、あなた自身の絵に対する違和感を
              スッキリ解消していただけます。


              放射能のように、
              気づかれずに犯された罠


              あなたが日本で1分でも絵画について、
              だれかから習ったことがあれば、
              私とおなじ罠にかかっている可能性があります。

              あなたの絵画人生には、初めから納得のいくものが描けなくなる
              罠が仕掛けてあったのです。

              ・自分の絵が好きになれない
              ・自分の思うように描けない

              その原因は、あなたの能力やセンスや努力の少なさ…
              ではなかったのです。

              人生を苦しめる最大の罠が、
              絵画教育の中に仕掛けられていたのです。

              イメージを発想して描くまでの手順や
              ものを見えるとおりに描く方法などの技術指導が行われず
              小学2年生レベルで成長が止まっています。

              それに加えて、絵に対する偏った
              考えや制作方法を教えられました。

              絵の描き方や見方として、いびつな教育の
              毒牙にやられてきたのです。

              絵画界の洗脳は教育界にも深く浸透し、小中高校、
              美術予備校、美大、絵画団体の隅ずみに行きわたっており、
              あまりに当たり前となっていています。

              放射能のように気づかれず、いつのまにか
              あなたの心を蝕んでいるのです。

              あなたは幼いころから絵についての誤った見方を植えつけられ
              ひずんだ制作を強いられて、一定のパターンでしか絵を
              描けなくなり苦しんでいるかもしれません。

              私が、まさにそうだったからです。

              このままの状態がつづけば、あなたは描きたい絵が描けないまま
              挫折感とともに、筆を折ることになるかもしれません。

              今から、その呪縛から解放する方法をお伝えします。

              その呪縛は3つからなります。




              詳細はコチラ



              <関連サイト>


              エアブラシペイント上達法 エアーブラシテクニックDVD 岩崎雅一 口コミ

              水彩画 初心者が上手に描く方法 「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット 〜色塗り・デッサン・応用編〜 上西竜二 口コミ 評判

              「漫画の描き方」41日間プログラム ★初心者のためのマンガ講座★ 佐々木慧 口コミ 

              Calendar
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << October 2018 >>
              PR
              楽天


              PR




              毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recommend
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM